産後の肌荒れ 赤い湿疹のかゆみ

出産後、肌が弱くなってしまったのか、夏に肌に赤い湿疹ができてかゆくなってしまいました。
夜もかゆくて起きてしまうぐらいで、とても困りました。始めは理由が分からず、皮膚科に行ったら毛穴に湿疹ができているのでダニとかではなく、産後が理由なのかもしれないとのことでした。
産後 肌荒れは、なかなかいろんな理由があるので確定はできないようです。マイザーという軟膏を処方してもらい、付けるようにするとかゆみが止まりました。家にステロイドが入っているかゆみ止めがあればそれでも治ると思います。
原因をネットで調べていたら、産後はムダ毛の処理でもカミソリ負けすることがあるとあり、私がかゆくなったのもカミソリを使用した後だったので、多分これが理由だと思います。
でも夏で剃りたいため、今までは足だと刃の当て方を逆にして剃っていたのを、逆にしないで剃ることであまりダメージを与えることなく剃れるようで湿疹にはならなくなりました。
その他にも、脱色タイプのカラーリングを自分でしていたのですが、産後にすると少し肌がピリピリする感じがありました。
特に授乳しているとホルモンバランスが崩れやすくて肌が影響を受けやすいみたいなので、 その間は気をつけながら生活していこうと思います。

妊娠中はニキビに悩んでたときの話

長男の妊娠中の時にニキビがひどかった時の話です。 私はもともとニキビができない体質(肌質)なのですが、妊娠中はとにかくニキビができました。頬と口元に大量にできていてニキビができやすい?と言われるTゾーンは綺麗でした。ニキビは治ってはまた出来て、治ってはまた出来きてっていうイメージなのですが私の妊娠中のニキビの場合は常にできていました。 口元なんて今までニキビが出来た記憶がないくらいできない場所なのですが、大量にぽつぽつとできていたのです。赤い炎症のあるニキビで触れると痛いタイプです。食事の栄養バランスも良かったと思いますし、仕事も既にやめていたのでストレスや疲れも特になかったと思っていたのですがニキビは一向に減りませんでした。 そこでいろいろと調べた結果、妊婦ができるニキビはホルモンバランスが大きく影響していることを知りました。妊娠中はホルモンバランスが崩れているのでニキビができやすいということです。生理前後もホルモンバランスのせいでニキビが出来やすいと聞きますけど私は今まで生理中のニキビに悩んだことはありません。よほど妊娠中はホルモンバランスが崩れていたんだと思いました。そこで産婦人科で低用量ピルを処方してもらったらニキビはさっと引きました。妊娠中のニキビに悩んでいる人は参考にしてみてください。

産後は肌が痒い時期

「出産後お肌が突然痒くなった・・産前はそうでもなかったのに。。」
出産後はホルモンが乱れがちなので、お肌にトラブルが出やすい時期。
ホルモンバランスが乱れたことで、肌荒れだけでなくお肌の乾燥で肌がむずがゆい人は多いです。かゆみを伴うお肌の乾燥。肌に潤いがなかったり、肌がガサガサしたりします。この出産後の肌のかゆみ対策は、とにかく保湿!普段使っていて自分にあうと思っていた化粧品でも出産後はホルモンのせいでピリピリしたり合わないこともあります。
そこで普段使っている、化粧水や乳液、美容液をいつも以上に使って保湿しようとするは注意。ホルモンのせいで肌質が変っている可能性があるので、化粧品そのものを変えたほうが、肌のかゆみは収まる可能性があります。
つまり、産後の肌荒れかゆみ対策は、いつもと違った化粧品を使ってみるのがポイント。化粧品が合う合わないは実際使ってみないとわからないですけど、ポイントとして無添加かどうか、低刺激タイプかどうかが基準になると思います。肌が強い自信がある人も敏感肌用の化粧品がおすすめ。また添加物が入ってなくて、敏感肌用のオールインワン化粧品を使ってみるのもいいと思います。

色白とニキビ肌の最悪コンボ!

色白な人でニキビ肌だと本当に酷ですよね
私はまさにそれで小さなニキビでも跡に残って色素沈着し、茶色っぽく目立ちやすいです。
色白だからシミみたいに見えるし、最悪なのです。
そこで色白の人のニキビケアについて調べてみました。
調べてみるとやはり皮膚科でお医者さんに診てもらうのが一番いいみたい。
そりゃあ専門家だから、医者に診てもらうのが安心ですよね。
でも私は病院が大の苦手。できれば家でできるニキビケアがしたいのです。
家で出来る方法としてはハイドロキノンという成分が、私みたいな色白&ニキビ肌にはぴったりのようです。
ハイドロキノンはシミやニキビ跡、顔の色素沈着の改善に効果的みたいです。
美白効果もちゃんと認められていて、2%まで配合されている化粧品なら通販で買えるみたいです。
(※ビーグレンという化粧品が人気みたい(´・ω・`))
またハイドロキノンには、肌の損傷からまもる作用もあるみたいで、すごくスーパーな美白成分ということがわかりました!

ちなみに・・・
私みたいにニキビ跡やシミ、ニキビ肌に悩んでいてハイドロキノンに興味ある人は注目!
私と違って自宅じゃなくて病院に行ってもいいよ!という人は
もうちょっと強いハイドロキノン配合の塗り薬が病院で手に入るようです。
化粧品だと日本では2%までと決まってますが、病院で手に入るのはもう少し濃度が濃いのがもらえるので
強い効き目が期待できます。本気でニキビ跡やシミに悩んでいる人は病院に行ってみてはどうでしょうか。

目立つニキビ跡のケア

皮脂が目立つ時の対策として皮脂吸引クリームというのがあります。
皮脂吸引クリームは付けることでお肌がサラサラになり皮脂が目立ちにくくなるというもの。
注意しないといけないのは皮脂を取り除く効果は期待できないということ。
ニキビになったり、ニキビ跡が目立つのが嫌で皮脂吸引クリームを使う人がいますが、根本的な解決にはならないと思います。
ファンデーションでニキビ跡・ニキビそのものを隠すのと一緒ですね。
逆にクリームが毛穴のつまりや皮脂のつまりの原因となり、ニキビの悪化、新しいニキビの発生に繋がる可能性もあります。
早く治すためにも皮脂吸引クリームよりも
洗顔に力を入れたりとか、保湿をしっかりやることがニキビケアの基本ですよ。
保湿をすることで肌のターンオーバー正常化をサポートしますよ。
時間はかかりますが、美容皮膚科で手術をしない限り手っ取り早くニキビ跡を改善するのは難しいです。
スクラブ系ではない優しい泡で洗える洗顔で、優しく顔を洗ってあげましょう。
ゴシゴシと洗ってはダメです。お肌を傷つけてしまいます。
そして洗顔後は保水力のある保湿成分配合の化粧水、美容液、乳液などでお肌を整えてあげましょう。
ニキビ跡のケアは非常にジミですが、大切なことです。